2017年11月19日

さむい

外は雪模様です。
晴れているのが救いですが、
寒いことには変わりなく。
そして雪は写真に写りにくい。
ので、画像なし。

ここ半月、鼻水が出まくりです。
寒さによるものだとは思いますが、
箱ティッシュの消費が半端ない。
1箱1週間ペース、花粉時期と同等の
消費スピードです。
外出時は不意の鼻水対策に、
マスクが必須です。

久々に「雨に唄えば」を見ようとしたものの、
どこに置いたのか思い出せず。
探しながらストーリーを思い出していたのですが、
主人公ではなく、ヒロイン視点から見たら
恋愛シミュレーションゲームぽいなと思いました。

“私は女優の卵、キャシー。
舞台に行くため車を運転していたら、
突然憧れの大スターが助手席に!
そこから波乱の毎日がスタート!”

みたいな。無いか(笑)
グッドエンドもバッドエンドも
作れそうだし、本来の主人公で
腐フラグ(腐ラグ?)も
立てられそうな内容なんだけどな(笑)

しかし何処に行った、「雨に唄えば」
のDVD…。
VHSはあるのに。
(プレーヤー無いから見られない)
もしかしたら、変に妄想膨らませたから
出てこないのか。
そうなのか。
posted by 瀬良 at 11:57| Comment(0) | 近況・日常 | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

予想通り

先日から放送中の72時間生放送番組。
予想はしていたが、母親ずっと見っ放し。
タブレットの前からほぼ動きません。
(pcだと止まりやすいのが嫌だったらしい)
深夜まで張り付いて見てるし。
朝起きてくると、テーブルに
タブレット置いて見ながら食べたり。
SNSと連動してるからっていうので
片手にはスマホ。
録画とかできたらまた違うんだろうけど。
いや、できたら出来たで、今度は年末位まで
これが繰り返し再生される苦行が待ってるなぁ。

特に好きでもない私には正直、
ちょっとうんざりな光景です…(笑)
posted by 瀬良 at 13:47| Comment(2) | 近況・日常 | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

コレジャナイ感

ようやく実写版の「美女と野獣」見ました。
感想…「コレジャナイ」感かなぁ。
アニメが確かディズニー映画で初めて
本格的にCG取り入れたとかで、
インパクトがでかかったからかな。
実写化も勿論凄いんだけど、その
インパクトを自分の中で越えなかった。

思った事をぽつぽつと。
野獣さんはも少し獣ぽくても良いかなと。
特に顔。なんか…チューバッカが過った(笑)

あとはハタキ(でいいのかな?)は
もちっとモフモフしてないと、
役割果たせなくない?

と、いうか何か色々なしがらみを
うっすら感じるキャスティングだなぁ、
思ってしまいました。
考えすぎ?

そうだ。「コレジャナイ感」と言えば。
アニメ版で、野獣から王子に戻って
振り返った時に私が抱いた
「コレジャナイ」だけは、
実写でもしっかり再現されてました(笑)

でも、エマ・ワトソンは可愛かった!
村の中では浮いてる存在ってのが
ちゃんと出ていた気がします。

そんな感じ。
あと、昨日はやはり「ナイトメアー・~」を
見ましたよ。何回も見てるけど、やっぱり見ちゃう。
posted by 瀬良 at 19:20| Comment(0) | 視る聴く | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

低空飛行

最近見たのを。リンク無しです。
あまりリアルタイムで見なくなった…

「いぬやしき」
フジの深夜アニメ「ノイタミナ」枠。
何となく見たら主演(声優)が小日向文世さん。
しかも準主役(でいいの?)が村上虹郎くん。
普通のドラマで見るキャスティングぽい~って
思いましたが…
実写じゃ無理な内容でした(笑)
絵が自分には濃すぎて早くも2話で脱落。

「伊藤くん A to E」
ドラマ内で曲が使われますよ、と
スピッツ公式から告知があり。
サイト見ても面白いのかな?
っていう感じでしたが…
私にはあまりひっかかる所が無いような。
そして使用された曲とドラマの内容は
関係あるのかないのか、よくわからず

「デトロイト・メタル・シティ」
アニメ版を見てみました。ヒドイに尽きる(笑)
実写版もヒドイ(笑)と思ったけど。
最後の方に実写の俳優さんや監督さん、
カジさんが声優で出てたのにはビックリ。
あと、実写の予告を見たら後輩(サジ君)役で
高橋一生さん出てた(笑)
実写、もう1回見てみようかな。

「ピクセル」
こないだ(でもないか)地上波でやってたのを。
文化を伝えるつもりが宣戦布告って…と
思ったけど、ありうる話だなぁ。
馬鹿馬鹿しかったけど、楽しめたかな。
最後のカットは要らん気もしたけど。

季節の変わり目のせいか、また風邪です。
週末はほぼ寝てました。
今は鼻水が…(笑)
そんな低空飛行のテンションで見ているので
面白い!と感じるのが少ないのかも。


posted by 瀬良 at 17:06| Comment(2) | 視る聴く | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

QP

数年前に闇雲に買っていたミニキューピー。
ちょっと思い出したので並べてみました。

pqs.jpg

左2個が駄菓子屋で買ったもの。
右2個は手芸店とかで買ったもの。
顔の差が激しいな(笑)
大きさはおおよそ3.5cm程です。
右のを立たせると5cmくらいです。

右のは手足が動くのでお値段少し高めです。
左端は固定ポーズなのでお安い。
顔のペイントもお値段なりです。
高い方は可愛い感じですが、安いのは
何か焦点合って無げで恐い(笑)

他にも立ちポーズ固定とか、
ハイハイとかあります。
素材的には駄菓子屋かな?

さわり心地も其々違います。
比べてみるとなかなか面白い。
指の作り込みとか。

一時期、改造にはまって、あれこれやろうと
買い集めたんだっけ。
でも突然熱が冷めて…
ホビー棚に押し込んで、みたいな。

なので、今もホビー棚の抽斗の1つを
開けると、このミニキューピーだらけ。
うっすらキモいので、自分以外には
見せられません。

だけど捨てるのもしのびないので、
もう一回遊んでみようかと。
ネットで見たら、色々とカスタムしている
方がいらっさるので、それらを参考に。
ただし、私のクオリティはお察しレベルだけど(笑)

ちなみに。カスタムに必須と思われる絵の具を
引っ張り出してみたら…
殆どチューブの中でカラカラに干からびていました。
買い直すか否か…悩む所です

続報は…無かったらまた飽きたんだな、
と思って下さい(笑)

posted by 瀬良 at 23:39| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

うっかり買う

ついふらっと入ってしまう100均にて。
つい色々と買ってしまうタイプなのですが。
目的の物を見つけた後、店内をウロウロ
していたら気になるものが目について。
買ってしまいました。
 
kinoko.jpg
キノコ。
ではなく、
IMG_20171017_200357.jpg
ウニ殻。
トゲ取るとこうなるんですね。
一応、オブジェとして売られていました。
底には穴が空いています。
そこに同じく100均のLEDライト(ロウソクぽい)
の電球部分を差し込むと、1枚目の
キノコぽい形になります。
なんだかあやすぃ雰囲気ですが。
上から見ると
uni2.jpg
不思議なオブジェです。これだけだと
オサレな感じ?独特の模様が綺麗です。

ウニ殻のオブジェ、TVか何かでちらっと
見て、それが頭に残っていたようで。
100円だし…で買っちゃう。ダメだねぇ。

そんな下らないことをやってる人を
akineko.jpg
箱ティッシュに顎乗せて見ている猫。
この高さが楽らしい。
posted by 瀬良 at 21:11| Comment(0) | 近況・日常 | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

巣立ち後まもなく(かも)

先日の午後、地震がありました。
揺れると同時に、たてつけの悪いドアが開くような
少し掠れた「きぇっ」という異音が
外から聞こえました。

異音の正体は多分コイツ。
最近、近くに出没するようになりました。

debut.jpg
ボロボロですが雉(雄)の若鳥。
胸の緑に幼鳥時代の茶色い羽毛が少し残っています。
首のところも生え揃わなくて貧相です。
地震の揺れに驚いた模様。
ちなみに震度は3でした。焦りすぎ。
まだまだ若いので、鳴き声も半端です。
成鳥は一般に「ケーン!」と表される
鳴き声です。
(しかし私には「キィェッ!カッ!」と聞こえる)

papa.jpg
完成形はこんなだよ。
大人の魅力(?)醸すまでもう一息…か?

E3818DE38287E381A8E38293.jpg
「ん?」って感じ。
posted by 瀬良 at 17:00| Comment(2) | 近況・日常 | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

出番なし

普段、外に出るときにはツアーグッズ類を
身に着けたり、持ち歩いたりはしない方ですが。
今回は多少浮かれモードだったので、
以前のツアーで買ったポーチセットを
使う事にしました。

E3839DE383BCE38381E382BBE38383E38388.jpg
オリジナルファブリックで帆布ぽいです。
(あまり固くないので薄い番手かな?)
それと同じ生地で「風呂敷」もありました。
(マルチクロスって言う方がお洒落かも)
これも勢いで買ったのですが、
流石にそちらはそのままで使う気にはなれず…
じゃ、カバン作ろ。と短絡的結論に。
前の星座の生地で作った鞄の反省を活かして。
あと、何となく30/50のトートに近いサイズの
ものを作ってみたいのもあり。
画像と書かれていたサイズから、大体の寸法を
割り出したら、風呂敷だけでは少し足りなかった
のでカラー帆布を買って切り替え部分に使用。
半端に余った生地で大きめの外ポケットを。
中もナイロンで裏地付けて、内ポケットもつけて。
マチ部分にはスナップを。
と、あれやこれやでできたのがこちら。

bigbag.jpg
縦36cm横40cm(マチ閉じ時)、マチ18cmなので
デカイです。
30/50トートはマチ部分が切り替えなのですが、
生地の長さと幅には限界があるので、やむなく
切り替え無しのデザインに変更。
よし、これは2泊くらいならいけるサイズ!

と、ここまでしっかり作ってはみたものの。
実際に持っていったのは無地のカバンでした。
…持ち歩く勇気が無かった(笑)
(ポーチは鞄から出さなければ見えないので、
持っていきました)
一応、予備バッグ的な感じで持って行きましたが
出番はありませんでした…。

わかる人には(しかもディープであればあるほど)
すぐわかる柄だからねぇ…。
posted by 瀬良 at 10:59| Comment(0) | モノ創る | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

anniversary 余談


binoculars.jpg
ビクセンコールマン双眼鏡 H8×25
今回持って行った双眼鏡です。
本来は野外観察用ですが…。
ちなみに色、「ターコイズブルー」とありましたが
私にはターコイズグリーンにしか見えません(笑)
写真だと青みが強く出るのか。

fpin.jpg
フラッシュピン
ラストナイツに着けてたピンがコレ。
サイズはそんな大きくないです。
約3.5cm。ちょうど一番下のオレンジが光っています。
上から円を描くように赤・青・オレンジ・青・赤の順に光ります。
ボタン電池式。液漏れしたら嫌なので電池は取り外しました。

30tea50tea.jpg
サー「ティー」フィフ「ティー」
というおやじギャグ的なグッズ。
珍しく食品(お茶)です。
これ、ダントツで人よりスピッツが可愛い!超可愛い!

IMG_20171005_204933.jpg
満員御礼
記念にこんなのまで撮りまくりです。

何で「ラストナイツ」なのか。
マサムネさんがそう言ってたからです。
なので倣ってみました。

ライブの感想のMC部分、繋がらないのは覚えてないのも
ありますが、スピッツのMCってあんな感じで
ふわっと終わって全然違う話が始まるっていうのが
よくあるからです。

だもんで、順番が前後してるかも。
あと、多分自分の中で「確かこういう口調だった」って
思いこみで処理している部分も大きいです。
MCはほとんどカットされてるかもしれませんが、
気になる方は年末に出る限定生産のDVD(かBD)を
買ってみてくださいまし。
思い出した…(10/9)
最終日のアンコール時に、メンバー全員が
「1987→」Tシャツで登場しました。
(田村さんはずっと「1987→」なので他の3人が、
  のほうが正しいのかな?)
いつもなら(9/30も)、ツアーTとかだったり
そのままだったりするのですが。
歓声が何か違う?と思いつつ、遠くからチラ見え
(そして双眼鏡で確認)して「おおっ」と感動。
田村さん、崎山さん、三輪さんは白地に黒文字、
マサムネさんは黒地に白文字でした。
あれ、ハンドメイドかな。発注したのかな。
ちょっと気になる~(笑)
…見間違ってたらごめんなさい。
更に追記(10/11)
1987→Tシャツ、オンラインで限定販売だそうで。
と、言うことは、田村さんが着ていたのは
サンプルかな?
真似して自作して着ていた人も多数いたので
需要はありそうですね。
稼ぐなあ(笑)
posted by 瀬良 at 21:13| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50” at sendai 2017.10.1

二日目。最初に愚痴っとこ。
ツアーのファイナルに参加というのは今までもあったかも、
ですが。大概その後に振替公演が残ったりしていて、
本当に最後、しめくくりというのはこれが初めてかもです。
なのに席がアリーナ後方。前はウエービーヘアの人やら、
高身長お団子頭、子供抱えた人(頭2個が隙間なく並ぶ)
などでほぼステージ見えーず。マジか。なんだこの残念感。
己の身長の低さが悔しい。せめてあと20cm…10cmでも…(泣)
双眼鏡で見てみたものの、前の人達のシルエットでブロック
されて真っ黒とか髪の毛の紗がかかるとかもう悪夢です。
そんな中たまに見えるステージ…なんか、お金払って
その場にいるのに、こっそり見ているような、
なんかイケナイ気分に少しなりました(笑)
しかしライブの記憶は目と耳でリンクさせてる所が多いので、
1日目よりあやふやかもうぅぅ。

この日もイベンターの前説から。
「スピッツ単独での公演、つまりワンワン公演は80回目です!
 …噛んでしまいましたが、スピッツ主催イベントを含めると111回!
つまりワンワンワン公演です!」
的な事を言っていた気がします。
THRTY30FIFTY50(足すと80)、111(ゾロ目とワンワンワン)。
ちょっと滑り気味でしたが、それでも盛り上がりました。

暗転。昨日より明らかにフラッシュピンズが多くて綺麗でした。
(って自分もつけてたけど)
スピッツのライブってサイリウムやうちわは似合わないけど、
大きい会場なら主催側が用意するような、小さい光なら
案外良いのかもしれません。
歓声も昨日よりはるかに大きく感じました。

そんでもって初めて(でもすげえ遠い)ハット被ったマサムネさんを
見ました。なんか感動。
※この日のライブの画像はネットニュースで見れるようです。
その場に居たのに、「こんなんだったんだ」…てなった(笑)

最初のMCはやはりこれ。
M「貴重な休日の時間をスピッツのために割いていただき、
  ありがとうございます」
そして
M「楽しい時間にするからさ…任せて、付いて来いよ」
と若干照れつつ
M「これずっと言っていこうと思います」
だそうです。できれば、ずっと照れながら言って欲しい。

『君が思い出になる前に』後のMCにて

M(ギター弾きつつ)
 「♪君が思い出になる前にも一度笑ってみせて …
  めちゃめちゃ自己中な歌詞ですよね。
  いっつも“なんて自己中なんだ”って。
  30年前、変な事やりたいと思って結成して
  いまだに変な事やってるんですが… それを見に来る
  あなたた達もほんとに変な人たちですね(笑)
  ほんとに変な人達だ」(大事な事なので二度言った?)
 「仙台といえば、アマチュア時代、軽のワンボックスで移動して
  ガソリン代払うとお金が無くなって食事代まで賄えないと
  思って、機材の上に土鍋乗せて車で来たんですが、
  着いたら蓋が割れてたのを凄い覚えてる。
  でも仕方ないんで蓋の代わりに」
A「白菜買って」
M「白菜のせてホテルの部屋でみんなで鍋食べた。
  ホントは部屋で鍋やっちゃいけないんだよね」
T「火災報知機作動してスプリンクラーが作動するから。
  でも、そういうことが大変だって思わなくて楽しかったから
  今話せるんだろうね」
M「皆で食べると楽しいのは芋煮と一緒」←さりげなく芋煮ネタぶっ込む
T「そういや仙台で崎ちゃんと飲みに行って、凄いべロベロに酔って
  崎ちゃんにおんぶされて帰ったの覚えてる、あれ仙台だよね?」
S「うん」
M「こんな感じでゆるく行きます」

1日目で『エスカルゴ』だったのが『波のり』で、その次にMCでした。
M「変な曲の代表、『波のり』でした。
  引っ張りだしてみたんですが、当分やらないと思うので」
客席「えー!」
M「ほんとに“えー!”って言ってる?」
T「いいの?まだ演ってない曲いっぱいあんだよ?」

M「昨日のMCで「マサムネ」つながりで“ねこまさむね”の話出したら
  なんか伝わったらしくて、ツイッターでお祝いしてくれました」
M「自分はツイッターとかやらないけど、こういうの
  (拡散するの)早いのね」
A「その速さの大半は、あなたたち(客席)だけどね」
M「早く伝わるけど、間違って伝わったりしちゃうのね。
  昨日のMCで『グレートマエカワ君に会った』話して、
  そのあとトータス松本君の話と平井君の話して、
  『誰かは言えないけど知り合いが奥さんじゃない女の人と歩いてた』
  って話したら、早とちりした人がツイッターで
  「グレートが不倫してる」ってなってたらどうしようって」
A「トータス君と平井君の話がどっかにすっとんでる」
M「で、あわててエゴサしたらそれ引っかかんなくて安心した
  怖いから自分の名前ではやらないんだけど、“ねこまさむね”
  とかでエゴサしたりしてる」(笑)

※ここでちょっと気になったのですが、
マサムネさん、「エゴサ」って言ってますが、自分の事以外は
「エゴサーチ」「エゴサ」って言わないんじゃないのかなぁ、と。
それとも言葉自体がスラング化しているのかな。謎です。

T「マサムネ、今日も相変わらず会場シーンとさせるねぇ」
T「まー、俺もだけど。 早口だから何言ってるわかんないでしょ」
M「反響音もあるしね」
T「俺さ、見た目より思ったより声高いでしょ」
M「声高いって言ったらさかなクンもだよね。30周年で
  『会ってみたい人いますか?』って聞かれて『さかなクンに会いたい』
  って言って会えたんですけど」
T「いっつも興奮してるよね」
M「絶対脳内物質出てる」
T「話してると全部が魚の話。俺らが音楽の話してても
  何話してても、最後全部魚の話になってるの」
M「街中でさかなクンに会ったら“ギョギョ!”って言えばいいのかな?」
T「あと頭の皮膚(ハコフグのアレ)ね。今日あたり『さかなクン 皮膚』
 で検索されると思う」
M「こんなゆるい感じですが、スピッツ絶頂期の頃の歌を」(→ロビンソン)

いつも思うのですが、このゆるゆるグダグダなMCの後なのに
演奏がきちっと出来ちゃうのが凄いなと。
これがギャップ萌えか…!(違うと思います)

メンバー紹介

タムラ編
A「昨日も話したんだけど、ココ遠いよね。サッカーの試合見に来て
  “遠いからサッカーの試合を見には来ない”って話したら
  此処に住んでる友人から“利府町を悪く言うな”って言われて」
M「利府町は今日で50周年だとか」
A「追いつけないね」

A「今回、スタッフが多くてね、感謝です。後ろ(セット)の
  スクリーンもでかくてね、すっごくでっかく顔映るんだよね」
M「ちゃんと鼻毛切らないとね」
A「これ、自分がどこで大きく映るか知ってる?」
M「知らん」
A「知らないの?」
M「知ったらキメ顔しなきゃって思うから(笑)」
A「崎ちゃん、知ってるらしいよ!楽しみだね~キメ顔!」

A「っていうかさ、スタッフ色々やってくれてるでしょ。
  この(ベースの)コードもさ、“何でワイヤレスにしないんだ”って」
M「スピッツ、飼い犬だから。リードに繋がれてる」
A「これ、リードかぁ(ショボーン的なイントネーション)」
M「スピッツなのに『猫になりたい』とかどうなんだってね」(笑)


クジさん
クジ「崎ちゃん、知ってるんだ。どこで自分が(カメラに)抜かれてるか」
S「一か所ね」(笑)
クジ「こないだ朝ドラにミュージシャンの人が出てたって話になって、
   崎ちゃんあたりドラマデビューって話に(笑)
   そしたらマサムネが“脚本考えた”って言って」
M「そうそう、会社でおやじバンド組もうって話になって、楽器とか
  やった事なさそうだけど、経理の崎山さんどう?って。
  崎ちゃん、実は若いころメジャーデビューしてたけど、
  それをひた隠しにしててっていう設定で。」
クジ「で、あれでしょ、残りの3人が敵対バンドで出てくるの」
M「うん。決勝で対決すんの。んで負けて本気で悔しがってる所に
  “おぅ、良い音出すじゃねぇか”っていう」

…妄想が止まらないマサムネさんであった。というか、
これ、主人公からして朝ドラ向けじゃないよね(良くてスピンオフ)

崎山さん編
S「このあと、カメラで一か所把握しているところがあって。
  見ればわかると思うけど、ユニコーンさんから盗んだ技で」
M「なんか打ち合わせしてそう」
S「この後のお楽しみです」
S「あと10年で40/60、その次が50/70でだいぶ…ね」
M「疲れそうだね…そのうちボタン一つでドラム叩けたりして」
S「(笑)いつまで腕振れるかわかんないけど、生ドラムにこだわって
  やっていきたいと思ってます」

テツヤさん編
T「なんか今日は(MC)長いな!タムラ長かった!」
 「じゃあ俺は短く。スタッフの小さい子供にさ“お父さん好き?”
  って聞いたら“普通”って。なんかさー“普通”って嫌じゃない?」
M「今、肯定の意味で使うみたいね。」
T「“スピッツ好き?”“普通”って、なんか寂しくない?
  それ考えてたら眠れなくなっちゃってさー って話です」


マサムネさん編
1日目とほぼ同じで曲が「国道363号線の歌」、
コーラスは「パーパーパパー」でした。
歌った後は「報われました」と言っていたと思います。

こういう、ミュージシャン主導で観客が歌うのは良いんですが、
本編を観客が大声で歌うのはちょっと嫌かな。
ステージの音や声を楽しみたいんだな。
(聴いて楽しむ>>自分が楽しむ って感じ)


この後の「正夢」のサビで、紙吹雪(にしてはでかめ)が
人力で降ってきました。1日目にスタンドから見えたのは
ステージ前のスペースにキャスター付きの送風機があり、
その送風口前で紙吹雪を飛ばすという、本当にアナログ。
あと天井の装置からも降らせていました。
空気砲みたいなのじゃないので、ふわぁーっと舞い上がって
ヒラヒラ落ちていく様に思わず見入ってしまっていました。
アリーナ後方の席にもちょっとだけ落ちてきました。記念にゲット。
正夢後のMCで

M「(正夢で)紙吹雪が舞って終わりだと思ったでしょうが
  まだまだ足りねえんだよ!
   って、膝とか腰とか大丈夫ですか?」
って謎のツンデレがありました。あと、各場所に呼び掛けて
遠くても見てますよアピール(笑)
ちょっとしたことですが、こういうの嬉しいです。

そして崎山さんのキメ顔曲が判明。
『俺のすべて』でした。キメ顔っていうより満面(照れ?)の
笑みでしたが、あんなニコニコしながらドラム叩くの凄いなと。
終盤なのに。
今回の『けもの道』の出だしは「東北の日の出」でした。
そしてそして、本編ラストの『1987→』のラストの「イェー!」も
更にテンション高め!観客の声や拍手も凄くて、
おお、ラストナイツってのはこんな感じなのかと感動。

アンコールは『SJ』と『スパイダー』でした。
その中で(ネットニュースにもありましたが)
M「結成して30年で、色んな事があって、消えて行ってしまうバンドも
  ある中で、音楽の神様の悪戯か、
  なんだかラッキーな感じでここまで来ました。
  何かの役割を与えられたような気がします。
  なので、引退はしません!」
正確ではない(多分1日目とも混じってる)けど、
スピッツってあまり今後のことは
キッパリ言わないイメージだったので。
これは信じて良いんだろうな、と思いました。
できる限りは続いて欲しいです。

観客の頭しか見えないステージのライティングが変わり、
会場も明転。終わっちゃいました。
双眼鏡も時折使ってステージを見てましたが、
あまり見られなかった、というのが素直な感想です。
運よく視界にメンバーが入ると、バストショット位かな。
思ったよりは大きく見えました。
障害物が無かったらかなり満足度は高かったと思います。
今回は隣の方と話す事もなく、がっつりぼっち参戦でしたが、
遠征はそんなもんですね。

1日目に比べて、機材トラブルみたいなのも無かった気がしますし、
ラストの高揚感もあったし、年末発売のDVDに何か収録して
くれたら良いのに、と思いました。多分無理だけど。
そういや、テツヤさんが叫ぶの久々に聞いた気がする…。
脳内の記憶、取り出して再生できたら良いのに。
あ、でも。それだと今回のライブは人の頭しか映らないか。

・セットリスト・
醒めない
8823
涙がキラリ☆
ヒバリのこころ
MC
ヘビーメロウ
冷たい頬
君が思い出になる前に
MC
チェリー
スターゲイザー
惑星のかけら
メモリーズ・カスタム
波のり
MC
ロビンソン
猫になりたい

夜を駆ける
MC(メンバー紹介)
夢追い虫
正夢
MC
運命の人
恋する凡人
けもの道
俺のすべて(崎ちゃんキメ顔)
1987→

EN・SJ
EN・スパイダー

※「ねこまさむね」の9月30日のつぶやきに
 おめでとうコメントあります。
ねこまさむね、なかなかかわいいので高速バスに乗る前に
グッズ探してみたのですが、情報不足で買えず(泣)
posted by 瀬良 at 21:00| Comment(0) | 視る聴く | 更新情報をチェックする